Top

★Miniature&Dollhouse

情けは人の為ならず
昨日は、また枯らしてしまうかも知れないと思いつつ、津~遊さんちでまたまた
苔玉を買ってしまいました。 和と洋のコラボ。ローズマリーの苔玉です。 
ハーブなら何とかなるかな(笑)
b0177946_1222279.jpg

タイトルの諺、半世紀ほど前から誤用している人がいるようで、実にその数は、
正しく理解している人より多いというのだから驚きです。(確かに日本語というのは
難しく、誤用している人が多いので、そういう意味にもなった物もあるようで・笑)
ちなみにこれが原義です。

私は普段、そう思って行動しているわけではないですが、わりと人に対して
いつも損得考えないで行動することが多いので、たまにこういう良いことが
あるのだなと思います。

きっと神様(頻繁にこの名前を出すほど信心深くもないですが^_^;)がたまに
誰かの手を借りてご褒美を下さるのかなと思っています。まあその逆も然りで、
時々なんでこんな思いを・・・ということもありますけど(笑)

昨日はまさに「神様有難う~!!!」と言いたい、そんな1日でした(笑)




先日、右眼の話をしましたが、実は左眼も数年前からウェットタイプのドライアイと
鼻涙管閉塞症の症状があり、ずっと鬱陶しい思いをしております。つまり、涙は
ちゃんとあるのに、脳が足りないと思って涙を出せと指令を出すものの、流れる道
(涙道)が詰まっているので行き場をなくした涙が眼から溢れ出てしまうのです。

昨年は、あまりの鬱陶しさに根治を求めてその処置をして貰える眼科をネットで探し、
診て頂きましたが、その時の眼の状態もあったし、年配でそれほど設備の整った
眼科ではなかったこともあり、痛い思いをするだけ損みたいなアドバイスだったので
あっさり諦めてしまいました。

・・・が、昨日たまたまご主人が同じ症状で治療中という方にお会いして、詳しい
お話を聞くことが出来、その症状の専門医がいらっしゃる病院(眼科だけで6階建て
という病院)も教えて頂きました。

私より約1周り年上のご主人が近くの眼科で「まだ若いのだから、ちゃんとした治療を
勧める」と言われ、思い切ってその病院に行かれたそうなのです。

処置内容としては、少々怖いし不安もあるのですが、この先の事を思えば一瞬の
痛みは我慢・ガマン! 早速一度訪ねてみようと思います。

やはり、簡単に治らない病気ほどセカンドオピニオンが必要だし、訪ねた病院の医師の
持つ情報量やネットワークによって、自分の辿る道が左右されるなあと実感しましたね。
[PR]
by bee | by simple_ordinary | 2011-05-19 12:34 | Daily
<< 色々なことがあった5月 | ページトップ | 毎度遅ればせながらの・・・ >>




娘のLINEスタンプ発売中!


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
welcome!
オンラインでFX取引が出来るサイト
画像一覧